俺たちの育毛剤・発毛剤ランキング

-  |  次の3件 »

髪の毛が細いと薄毛の始まりなのか。

抜け毛を寂しく見つめる癖がついている今日このごろ。

髪の毛は短いので、毛自体の寿命というのはわからないのですが、たぶん年々日を追うごとに短くなっているだろうなぁと思っています。


それはそれで悲しいことなのですが、薄毛で髪が長いと見苦しいのもあって、ハゲを隠す意味でも単発にしているわけです。

それはそれとして、抜け毛を見つめていると、段々と細くなっていっているような気がしてならないのですよ。

これってどういう意味なのか、ちょっと気になりだしまして。

単なる老化、といえばそれまでなのかもしれませんが、これを遅らせることもできるんじゃないかな、と勝手な希望を抱いてみたり。


元から毛が太かったわけではないのですが、こんなに細くか弱い毛になるとは思ってもいませんでした。毛の細さというのは遺伝だという説もあるのですが、こんなに細くはなかった。

何もつけなくても単発にすれば、毛が立っていたのに立たなくなったということは、毛の量も関係あるかもしれませんが、明らかに一本一本にコシがなくなってきているのではないかな、と見ているわけです。

スラムダンクの三井寿じゃないですが、「俺は諦めの悪い男」そうカンタンにはい、そうですかで済ましたくはないんですよね。


では、その無駄な抵抗というものをやっていこうと思ったときに何を実践していけばいいのでしょう。

これって、まずはこのままの生活を続けていくと、明らかにハゲを進行させていく可能性は高い、ということですよね。
今のまま、毛が細くなっていっているということは。

パーマ、ヘアカラーは問題ないわけない


パーマとかヘアカラーなんてのは、全然よくない、と昔から言われていて、そんなの大したことない、と思ってどちらもやっていました。

そのダメージの蓄積がいま出ているのかどうかはわかりませんが、それは今はやっていません。

白髪染めとかもそういった部類の入るのかな、とちょっと疑問に思いました。これはこれでちょっと調べてみます。後々の課題に。


とりあえず、自分は短髪でごまかしているので、白髪染めとは今のところは無縁。

シャンプーを変えてみる。これは一つです。スーッとするやつが好きだったのですが、これはネットでは賛否両論なのでちょっと止めてみようかと思います。
個人的にはサクセスが好きだったのですが、ちょっと止めてみます。

やっぱりど定番はメッシのスカルプDのような気もしますけど、個人的にはキシキシする感じがするので、ちょっと違うやつを攻めてみようかと考え中。

先程も書きましたが髪の毛が立たなくなってきているので、なにかワックスでもつけようかと思っているのですが、これはこれであんまりよくない、との噂も。そもそもめんどくさいのでやらないのですが、育毛効果が現れてきて、髪の毛が元気になればいらないわけですし。






| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

髪の毛にいい食べ物を食べ続けることは・・・

これからハゲないように生活していくためには、シャンプーとかマッサージとかも大事なのですが、髪の毛を生成するための食べ物にも注目する必要があります。

髪の毛に対しての栄養を与えていかないと、ほそぼそとした抜けやすい髪の毛になっていく気がしてならないのです。

あまり心配とか不安とかそういったことはしないほうがいいのでしょうけど。


では、育毛のための食事とはどういった食事なのでしょうか。

だいたい出てくるのが偏った食事をしないだとか、バランスよく食べるとかそういったことになるのではないでしょうか。

これはこれで非常に大事です。が、じゃあ一体何をどういうふうに食べれば?ってなってしまいますよね。

髪の毛自体が何でできているのか、そういった成分の助けになっている食べ物は何なのか、というのを知ることから始まると思います。

第一に考えられるのは、タンパク質です。タンパク質って割と簡単に取ることができるので、もちろんこればっかり食べていくわけにはいかないのですが、それを前提にして考えると、大豆、牛乳、肉、魚、卵が挙げられます。

そんなに難しくはないと思いますがどうでしょう。

どうしても仕事で忙しいとか、そういった状況だったとしても、何かしらカンタンにこれらが含まれているものを摂ることができると思うんです。

賛否両論ですが、わかめや昆布などの海藻類も外せません。

抜け毛減らしていくための、ビタミンE、Aが多く含まれている人参やかぼちゃ、ほうれん草も大事です。

などなど。
※この辺は後日再編集します。

結局髪にいいたべものって多いですよね。
これらをバランス良く食べていくってことは普通にご飯を食べていくだけでも十分なんじゃないかと思うんですよ。


いやいやいや、どうしても禿げるわけには行かないんだというスピリッツをお持ちであれば、こういった食べ物の一覧と計画予定表みたいなものを作ってしっかりと土台作りに励んでいくのがいいと思うんです。

というか、そもそもめんどくさいといえば面倒が臭い(汗)





あとは逆に髪の毛に悪い影響を及ぼす食べ物ってあるのでしょうか。

断固としてこれだけは食べないほうがいい、というものが特に出回っていないのですが、やはり脂分などの過剰摂取があまり良くないとされています。しいていうなら。
どうしても嗜好品関係とか、あとはタバコとかも良くないとされています。

あとは究極なのですが、薄毛や禿げている同級生に好きな食べ物や、普段食べている食べ物、ハマっている食べ物を聞いてみる、というのもアリなんじゃないかと思っています。


ちなみにそういったものを毎日食べ続けるのはちょっと・・・
なんて人もいるかと思います。

現に私がそうなのですが、とりあえず気合を入れるために購入したものがこれ。
インドネシア伝承スカルプケア【Rambutサプリ】

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SOD酵素とハゲの関係。効果は?

育毛への近道はSOD酵素を覚えておくといい。

最近育毛関係の情報を調べていたら、SOD酵素というものが目に入ってくるようになりました。
これってそもそも何なんでしょう?
育毛に対して効果は期待できるものなのでしょうか。


一言で言えませんが、しいていうなら、十分力を発揮すると見てしまってもいいです。

SODというのは、Superoxide Dismutase(スーパーオキシドディスムターゼ [はてなブックマークで表示])の略です。
その意味は、細胞内に発生した活性酸素を分解する酵素であるということ。
主に抗がん剤として用いられていて、がん細胞を生成させるのを抑制する働きがあります。

活性酸素自体は、人の体内には必要とされているのですが、ただその量が多く作られてしまうと、あまりよくありません。
そんなときにはSODが活性酸素を除去してくれるということなのですね。

そうすると、活性酸素はハゲと関係あるのかどうか、ということになってきますが、そのへんはどうなのでしょう?


実は、薄毛や抜け毛、そして白髪にも関係しているとサれています。

活性酸素は取りすぎてしまうと、老化を早めるとされています。

細胞膜と活性酸素と結びついてしまうと、これが参加して過酸化脂質となり、細胞の活性を低下させるのです。細胞の老化する原因なのです。これが老化の始まりですね。
ある程度は年齢的なものはしょうがないとしても、髪を生成する毛母細胞の老化や、黒込みにするメラノサイト細胞の老化をなんとか送らせていきたいものです。

これは当然育毛についても例外ではなく、関係しています。

活性酸素を発生させないために原因をする



活性酸素がたくさん生成されてしまう原因を突き止めて、できるだけ生成されないように防ぎましょう。

主な原因は以下です。

ストレス、タバコ、アルコール、脂分が多く含まれている食事、紫外線など。あとは激しい運動や、逆に運動不足で過ごすこともよくありません。

「ハゲたくない」という気持ちが強いのであれば、上で書いたことを再度読み返し、思い当たるフシがあるのであれば、それらを除去していけるようにしたいところです。

薄毛にならないために


髪の毛は、アミノ酸で形成されています。その種類は18種類。そして、その中には体内で発生した余りある活性酸素を除大居するために働くアミノ酸も含まれています。

先に活性酸素を除去するためにアミノ酸が使われてしまうため、残ったアミノ酸で髪の毛を生成していく必要があります。


SODがたくさん含まれている育毛剤は → ランプット育毛剤についての使用感など

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-  |  次の3件 »
Copyright © 俺たちの育毛剤・発毛剤ランキング All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます